今回はセンナ・メリディオナリスの実生をやっていきます。

センナ・メリディオナリス(Senna Meridionalis)はマダガスカルの灌木で、盆栽のような風情のある見た目になるコーデックスです。

調べたところ、発芽率は悪くなさそうな雰囲気。
でも硬実種子と同じやり方で播種して行こうと思います。

こちらが、センナメリディオナリスの種子です。

ちょっと変わった形のコーヒー豆みたいな雰囲気がありますね。。。

種子漬水

まずはいつも通り、メネデール+ジベレリン液に漬け込んでいきます。

created by Rinker
メネデール
¥680 (2024/05/19 05:47:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
住友化学
¥1,512 (2024/05/18 15:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

この状態で約半日。

2022年6月28日現在、梅雨が明けて日中の温度が35度を超えるヤバイ猛暑日になってますが、部屋の温度は26度~30度になるようスイッチボットが管理してくれています。

播種

現地では乾性林および砂地に自生しているらしいので、用土は排水性重視の構成で

・軽石小粒:3
・盆栽混合土極小粒:6
・煙土:1
・マグアンプk:ひとつまみ

created by Rinker
プランティーションイワモト
¥1,800 (2024/05/18 14:35:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥701 (2024/05/18 14:35:03時点 Amazon調べ-詳細)

という感じになってます。
煙土は種子の上に軽く覆土する感じで使っています。

煙土とはなんぞや?と言う方はこちらをご覧ください↓

鉢はセリアで見つけた白い角形のプラスチック鉢です。

このまましばらく待ちます。

情報によると早いモノなら1日2日で動き出すようです。

すぐに発芽報告出来るかな?

どうかな?

しばしお待ちください。

コメントを残す