突然なんですが、新しいダイエット法を編み出しました!

その名も「ヘアケアダイエット」

ヤバそうな臭いがプンプンしますね。

「ヘアマスクダイエット」とも言います。

考案者は何を隠そうこの私、「美容と健康」とはほど遠いところで生息している、ねこランタンでございます。

…………💦

どんなダイエット?

こう言うのは前置きが長いとどんどん怪しくなっていきますからね。

わかってます、既に充分怪しいんですが、早速本題にはいります。

必要なモノ

LUX スーパーリッチシャイン ダメージリペア

所謂ヘアマスクです。

以上!

LUXじゃなくてもいいんですが、髪に塗ってから5分待つヤツ。

そういうのなら何でもOKです。

勘のいい方はお気づきかと思いますが…

要は、毎日の風呂場で発生する空白の5分間を筋トレで埋めてやれ!

って話です。

筋トレの内容はダイエットの味方!スクワットです。

なーんだ、そんなことか…と思ったあなた!
違うんです。続きを読んでください。

世の中にはいろーんなダイエットがありますけど、すぐやらなくなるでしょ?

他のダイエット続けられる人はそっちをやってください。

続ければ痩せていくでしょうから。

さまざまなダイエットに挑戦したけど継続出来ない方!

是非お試しください。

だって、毎日利用するバスルームで5分間何もしない時間が生まれてしまうんですから。

その5分間何するの?

ダイエットでしょう!!

その上、髪もツヤサラになる!

やらないわけにはいきませんね??????

ヘアケアダイエットのやり方

ここまでおかしなテンションで書いて参りましたが、まじめに詳しいやり方をご説明します。

※ヘアケアダイエットの実践は自己責任でお願いします。
 お風呂場は滑りやすいので充分に注意を払ってください。
 怪我等をされても当方は一切の責任を負いません。

①通常通り体を洗い、髪を洗い、コンディショナーまで済ませます。

②意を決してヘアマスクを手に取ります。
 適量を髪になじませたらもう最後。
 強制される空白の5分間を、カロリー消費と筋肉強化に変えましょう。

③以下の要領でひたすらスクワットしてください。

スクワットのやり方

ぶっ続けで5分間スクワットしたら死んじゃいますね。
よって、まず1セット目、とりあえず限界までスクワットしてください。

正しいスクワットの姿勢はこちらを参照

パワーー!!

はい、えー、おそらく連続でできるのは1分くらいだと思います。

限界が来たら30秒休憩。ここまでが1セット。

休憩が終わったら、スクワットを再開して再度限界まで。

そして30秒休憩。

これを5分過ぎ去るまで繰り返します。

脚に疲労がたまって、連続でスクワットできる回数はどんどん減っていきますが、気にすることはありません。

何回やらないといけない…とかそういう回数のノルマは決めなくてOKです。

早く動かすとあまり効かないので、ゆっくり確実に行ってください。

あげるときよりも降ろす時をよりゆっくり、一番深く腰を沈めたときに一拍とめるくらい本当にゆっくり行います。

恐らく、3、4セット繰り返したあたりで5分経っていると思います。

5分過ぎたら終了です。

ゼーゼーと息が上がった状態になっていることでしょうから、呼吸を整えつつヘアマスクをシャワーで洗い流し、汗も洗い流して終了です。

※あまり運動になれていない方が、突然高負荷の運動を行うと貧血になるので気をつけてください。
なんか気持ち悪いなと思ったら、すぐにその場で横になって脚を頭より高い位置に上げてください。
貧血は早く対処することで、回復も早くなります。

次の日、筋肉痛になったりするかも知れません。

そんなときはムリせず、ヘアケアダイエットはお休みしましょう。
筋肉痛が治ったら再開してください。

レベルアップ!高負荷スクワット!!

ある程度慣れてくると、負荷が足りなくなってきます。

そんなときにオススメなのが、直立しないスクワットです。

普通は膝を90度に曲げた状態から、直立して真っ直ぐ膝を伸ばす(180度)を繰り返すわけですが、直立せずに、膝の角度を150度あたりで止めます。

90度⇔150度の繰り返しですね。

直立(180度)するとそこで筋肉は休憩できるんですが、150度にすると休めなくなります。

常に脚に負荷がかかりっぱなしになるんですね。

短時間でかなりきつい負荷がかかるので、慣れてきた方にオススメです。

これにも慣れてしまったら、ブラジリアンスクワットという片足ずつやる更に高負荷なヤツがあるので調べてみてください。

いつやると良いの?

オススメは朝です。

通勤通学前にシャワーを浴びる人なら、効果てきめんです。

朝に脚の筋トレをするとバッチリ目が覚める上、その日一日中、代謝が上がった状態で過ごせます。

特に脚は生活する上で絶対に使う部位ですので、効率的にカロリーを消費してくれます。

ただし、以下の点に注意してください。

短時間に負荷の高いスクワットを行うと、その後少しの間、脚に力が入りづらい状態になります。
やって見ると分かると思いますが、階段を降りるときなどに違和感を感じることでしょう。

それでも、数時間でだいたい元に戻ります。

力の入らない状態で無理をしないよう気をつけてください。

ダイエットとしての効果

まずはっきり言いますと、この運動で脂肪燃焼はしません。

脂肪というのは体に貯蔵されたエネルギーのうち、一番使い勝手の悪いエネルギー源なんですね。
脂肪からエネルギーを取り出すには手順が多く、時間がかかります。

5分の運動では脂肪は使われません。

ではなぜ痩せるのか…

上でも少し触れていますが、限界まで筋肉をつかうと、筋肉中のグリコーゲンを使い果たしてしまい、筋肉が動くために必要なエネルギーが一時的に枯渇します。

それによって脚に力が入りづらくなります。
なんかちょっと足下がおぼつかない…みたいな感じですね。

そのエネルギー枯渇状態から回復するために、食事から得た糖質を速攻で分解して脚へ回したり、食事しない場合は筋肉自体を分解してエネルギーに変えようとします。

うぉい! 筋肉分解しちゃダメじゃん! て思いますよね。

大丈夫です。

確かに一時的にちょびっと筋肉が分解されますが、筋肉にかかった負荷は筋肉が覚えているんです。

エネルギーが枯渇してしまうような強い負荷に備えて、筋肉自身が準備を始めます。

食事をすると、普段よりも多くのタンパク質が筋肉に送り込まれ、筋肉を前よりも大きく、高密度で再構築します。

これは同時に、筋肉量の増加によって更に大きなカロリーを消費できるようになる、ということでもあります。
脚は人体の中で一番筋肉量の多い部位ですので、消費するエネルギーもデカいんですね。

つまりエネルギー消費の大きな筋肉が脚にガッチリ付いた状態で生活すると、それまでよりもカロリーを多く効率的に消費できるようになるんです。

脚の筋肉を付ければ消費できるカロリー量が上がって痩せられる体になると言う事なんです。

いわゆる、基礎代謝が上がるってヤツですね。

より効率的に筋肉を付けて行きたいなら、筋トレ直後のプロテイン摂取をオススメします。

私が大好きなのは、SAVASのココア味。メチャうまいです。
筋トレしてないのに飲みたくなるくらいです。

created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥4,380 (2024/07/21 14:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

よく、筋肉が付いて脚が太くなったらヤダ…みたいなことを言う人がいますが、そんなことはまったく起きません。

むしろ、筋肉によって引き締まって細くなります。

脚が目に見えて太くなるほどの筋肉量を付けようと思ったら、1時間の筋トレを1日2回以上とか、アスリート並のことをやってはじめて目に見える筋肉量になるわけで、1日5分筋トレしたくらいで脚がムキムキになったら、世の中化け物だらけになります。。。

実際のところ効果はあるの?痩せられるの?

実際私が実践してみた結果として、1週間で体重1キロ減 次の1週間で更に1キロ減の合計2キロ痩せました。
このまま行けば、1ヶ月で4キロぐらい痩せるんじゃないでしょうか?

まぁ、ダイエットってだんだん体重が落ちにくくなるものなんですが、経験上最初の5キロくらいは結構スッと落とせる感じだと思います。

ちなみに、筋トレで痩せる時のメリットとして、実際に落ちている体重以上に見た目が変わります。

カロリー制限で痩せる場合と違って、脂肪が減る代わりに筋肉が付いていくので、劇的に体重が落ちていくってことはないんですが、筋トレで3キロ減らすと、カロリー制限で4~5キロ減らしたのと同じくらい体型が変わります。

これは脂肪と筋肉の組織密度の違いで、例えば1キロ脂肪を落として1キロ筋肉が付いたとすると、体重は当然変わりませんが、体積は脂肪の時の80%に小さくなるんです。

つまり同じ重さなら、筋肉の方がコンパクト = スマートになるんですね。

どうですか?筋トレした方が良いでしょう?

何よりも、毎日必ず行くバスルームで、ヘアマスクを髪に塗ったら強制的に筋トレスタートって言う仕組みの部分が、自分的には合っていて続けられている感じがします。

筋トレは、筋トレするための時間をとるとなると億劫になっていくんですが、

普段の生活の中で必ずいつも行うルーティーンに筋トレを紐つけ

してしまえば楽に継続出来るのでは?…と思ってこの方法を考え出しました。

結構良い手法だと思うので、ダイエット・筋トレの継続がなかなかできない方は参考にしてみてください。

ではまた!!

コメントを残す